全く別の道を歩み子供と一緒に楽しくお付き合い

ママ友とは、ママ達が、子どもをきっかけに出会い友達になることで、ママであること、子どもが出会いのきっかけであることが前提とされています。

ママになった女性は、いずれ訪れるママ友づきあいに不安を感じている人もいるかもしれませんね。

なぜ不安なのでしょうか。

それは、ママ友は、普通の友達とは全く別物だからだと思います。
普通、友達を作るときには、自分と相性がいい人と自然と仲が深まっていくものですよね。

同じ趣味だったり、同じものを目指していたり、自分と何かしらの共通項を友達の中に見出していくものだと思います。

もちろん、自分とは全く別の道を歩み、全く別の考えを持つ友達がいる場合もありますよね。

でも、それは、自分にとってその人が必要だと強く思える相手であるからこそ、自分と共通項がなくても、友達として関係を続けいけるものです。
しかし、ママ友とは、共通項は子どもがいるということしかありません。

友達作りは、自分が主体となってするものですが、ママ友作りは、子どもが主体です。

ママでありさえすれば、自分がどんな人間だろうと、相手がどんな人間だろうと、ほとんどかんけいありません。

そんなところに、少しさみしさ、絆の浅さなどを感じる人もいるかもしれませんね。

でも、ママ友を作ることは、子どもの為にも必要なことです。

ママ友からは、友達からは得られないような子どもにとって利益となる情報が得られることが多いですからね。

だからこそ、ママになった女性は、多かれ少なかれ、ママ友づきあいはついて回るものなのです。
ママ友というのは友達の種類でも、とても特殊で、子どもが大きくなるにつれ、環境が変わるにつれて、ママ友も変わっていくという性格を持っています。

子どもが幼稚園にい入ってできたママ友とは、幼稚園を卒園して、小学校が別々になってしまったら縁遠くなるということはよくあることです。

ママ同士が、関係をつないでいこうと努めたとしても、子どもの方はそうはいきません。

新しい環境で新しい人間関係を始めていきますよね。

そうすると、自然と以前の友達とは遊ばなくなり、ママ同士が会う機会も激減していくのです。

つまり、ママ友というのは、多くの場合とても寿命の短い人間関係なのです。
ママ友づきあいをどのようにしていくかは人それぞれ。

どっぷり使って楽しめるならそれも良し、適当に軽い付き合いをしていくというのもアリです。

これからママ友付き合いが待っている人にとってはちょっと重たいテーマかも知れませんが、自分なりのママ友付き合いのスタイルが見つけられるといいですよね。

美しく隠すことで収納やお部屋がきれいになる

うるさくならない収納法はとってもシンプルに実現できます。むずかしいわざは一切いらず【とにかく美しく隠すこと。】これに付きます。物が散らかっている日常から抜け出してあかぬけた空間をつくりましょう。

中身を隠す

ものは試しで、一度ダイニングテーブルの上にあるものを箱や棚、ひきだしにいれてみましょう。驚くほど見晴らしがよく、スッキリとしたリビングになります。

飛び出している新聞やチラシ、ティッシュ箱やくすりなどにも住所をあたえましょう。全てにしまう場所を定めてしまうことで、劇的にお部屋の広さが変わります。しまってもどうしても中身が見えてしまうときはカーテンで目隠ししてくださいね。

家具として置いている棚にしまうより、備えつけの押し入れに収納家具をそろえてしまうほうがさらにコンパクトになります。ただ、これは空間の広さによって異なりますのでできればで大丈夫です。

文字を隠す

日本語が見えていると途端に存在感が大きく、うるさい印象になります。
本のカバーや雑誌、新聞、チラシなどがあると片づいていないように見えるのはそのためです。本棚につっかけ棒と軽い布でカーテンを作ってみましょう。

時計も、実は数字が書いてあるものよりも、線や模様で何時かをあらわすもののほうが落ち着いた家には適しています。もちろんですが、デジタル時計もバンッと数字が目に飛び込んできますのでやめておくのが無難でしょう。

子ども部屋でない限りはお顔がついた人形やぬいぐるみも普段見えないようにしておくほうがよいでしょう。表情のあるものはどうしてもスペースをせまく見せてしまう存在感があります。なるべく隠すか、置いてもワンポイントとしましょう。

子ども部屋は静かにはなりにくい場所ですが、すこしの工夫で控えめにすることができます。
おもちゃ箱の上に白い布をかぶせたるなど、とにかく遊んでいないときは見えないようにすることです。子どもに浮かばないアイデアなので、隠すための布や箱のフタ、カーテンなどを準備してあげましょう。

コードを隠す

黒色が多く長いためどうしても目立つのが電機周りのコードです。想像以上に誇りも巻き取りやすく不衛生なので、いっそのこと引き出しの中にすべてしまいましょう。

まずタップそのものをひきだしにしまいこみます。その中に電気小物も一緒に収納すれば、必要な時だけ出して不要な時はまったく隠れているという理想的な状態になります。

隠すものを統一する

目隠しするものの色を揃えるのもポイントです。初めて取り組む方は木の素材と白で統一してみましょう。ビビッドカラーや植物をワンポイントに添えれば、こなれたおしゃれ感をたのしむことができます。

シックな雰囲気にしたい人はモノトーンに挑戦してください。目線が高いところには白いものを、低いところには色の濃いグレーや黒いものを置くとまとまり感がある部屋に落ちつきます。

居心地がよくなればホームパーティーだって開きたくなります。運気をよくする家づくりでママ友にも感激されてしまうはず。子育て中の方にもできるかくし収納術、是非お試しくださいね。