子供と一緒に楽しくお付き合いするためのママ同士の友達作り

ママ友とは、ママ達が、子どもをきっかけに出会い友達になることで、ママであること、子どもが出会いのきっかけであることが前提とされています。

ママになった女性は、いずれ訪れるママ友づきあいに不安を感じている人もいるかもしれませんね。

なぜ不安なのでしょうか。

それは、ママ友は、普通の友達とは全く別物だからだと思います。
普通、友達を作るときには、自分と相性がいい人と自然と仲が深まっていくものですよね。

同じ趣味だったり、同じものを目指していたり、自分と何かしらの共通項を友達の中に見出していくものだと思います。

もちろん、自分とは全く別の道を歩み、全く別の考えを持つ友達がいる場合もありますよね。

でも、それは、自分にとってその人が必要だと強く思える相手であるからこそ、自分と共通項がなくても、友達として関係を続けいけるものです。
しかし、ママ友とは、共通項は子どもがいるということしかありません。

友達作りは、自分が主体となってするものですが、ママ友作りは、子どもが主体です。

ママでありさえすれば、自分がどんな人間だろうと、相手がどんな人間だろうと、ほとんどかんけいありません。

そんなところに、少しさみしさ、絆の浅さなどを感じる人もいるかもしれませんね。

でも、ママ友を作ることは、子どもの為にも必要なことです。

ママ友からは、友達からは得られないような子どもにとって利益となる情報が得られることが多いですからね。

だからこそ、ママになった女性は、多かれ少なかれ、ママ友づきあいはついて回るものなのです。
ママ友というのは友達の種類でも、とても特殊で、子どもが大きくなるにつれ、環境が変わるにつれて、ママ友も変わっていくという性格を持っています。

子どもが幼稚園にい入ってできたママ友とは、幼稚園を卒園して、小学校が別々になってしまったら縁遠くなるということはよくあることです。

ママ同士が、関係をつないでいこうと努めたとしても、子どもの方はそうはいきません。

新しい環境で新しい人間関係を始めていきますよね。

そうすると、自然と以前の友達とは遊ばなくなり、ママ同士が会う機会も激減していくのです。

つまり、ママ友というのは、多くの場合とても寿命の短い人間関係なのです。
ママ友づきあいをどのようにしていくかは人それぞれ。

どっぷり使って楽しめるならそれも良し、適当に軽い付き合いをしていくというのもアリです。

これからママ友付き合いが待っている人にとってはちょっと重たいテーマかも知れませんが、自分なりのママ友付き合いのスタイルが見つけられるといいですよね。