互いに悩みを解決する糸口を見つける

ママ友とは、子どもたちの卒園、卒業とともに、離れていくことが多い物ですが、だからといって、どうせ、ずっと仲良くするわけじゃないんだし、と無気力になるのも考え物です。

もちろん、必死でママ友づきあいを頑張らなくても、いつかは離れていく関係だから、と割り切ることで、ちょっと重いイメージのママ友付き合いを気楽にできるという人も居るかもしれませんね。

そういう考え方もポジティブに捉えれば、うまく働いてくれるでしょう。

でも、ママ友として付き合う中で、馬が合って、大事な、自分のことを分かってくれるよき理解者に出会える可能性もたくさんあるんですよ。

ママになる前に築いてきた友達関係は、一生大事にするべき尊い物ですが、友達に子どもがいなくて、自分だけに子どもがいる場合、話す内容や、悩みなどは、異なったものになっていきます。

そういう時、同じく子どもを育てているママ友の中に、何でも話せるような気の置けない人がいると、自分の悩んでいることをリアルタイムで相談できるのでとても心強いですよね。

子育ての悩みは、やっぱり子育てをしている人でないと理解できませんから、ママ友にしか話せない話というのはたくさんあるものです。

自分の心を健康に、余裕をもって子どもに接するためにも、常にはけ口となってくれる存在は必要です。

ママ友の中付き合いの中で、自分を支えてくれ、お互いに悩みを相談し、ストレス発散しあえる関係になれるような人に出会えるといいですよね。